ホーム>よくある質問

よくある質問

よくある質問

よくある質問
ご質問 入塾にあたってテストはありますか?
回答 入塾テストはありませんが、生徒+保護者さまとの面談のあと、6回の体験授業を受けて頂いております。
入塾の条件は「やる気があること」です。お母さんに言われていやいや来たという生徒の成績を上げることはできません。
別に勉強に限られる話ではありませんが、仕事でも何でも一生懸命にやれば誰でも応援したくなります。
やる気がなくて理屈が多く、行動を自分からしなければ進歩はありません。
このようにどういう生徒か見極めた上で入会を決めてもらっています。
ご質問 宿題はたくさんでるのでしょうか?
回答

「6回の体験授業」では宿題をそれこそ、大量に出します。ただ、生徒が自力でできる問題を念頭に出題します。これまでできなかった生徒が宿題をやらない理由の1つに

・自分でできない問題が宿題に出される

ということがあります。
あくまでも自分で解ける問題を出してあげれば、これまで家で勉強をしなかった生徒が自ら進んで勉強をするきっかけ作りをしてあげることになります。宿題の出し方にもとても気を配っています。

ご質問 検定を受けることは必須なんですか?
回答

漢字検定と英語検定は基本的に必修ということで、全員に受けてもらうようにしています。
英検は、中学生は入試前に準2級の合格を目標にしています。
準2級になぜこだわるのかと言うと、準2級は高校1年+高校2年の途中までの学習を進めます。

当然中3の夏休みに勉強をするにはまだかなり難しいレベルにあります。しかし、ここで準2級レベルの単語・熟語・構文を、英検トレーニング+英検全問題集でひたすら語彙力・構文力、そして実践的な力をつけることで、高校入試には十分な英語の力を付けられます。
神奈川県の英語の入試問題をやらせると、50点満点で45点以上を確実に取ることができるようになるからです。

漢字の力は学力のバロメーターでもあります。低学力の生徒は残念ながら、漢字の力が極端に低いです。
中学卒業までに3級を最低目標にしています。(できれば準2級がのぞましいです)

ご質問 ほかの習い事や部活と両立ができるでしょうか?
回答 一斉授業とは違い個別指導ですので、1人1人と部活動やほかの習い事の予定等を聞きながら学習スケジュールを組むことができます。
生徒自身が自主的にスケジュールを組み、自然な生活のリズムや予定を崩さずに学習できるようお手伝いいたします。

お気軽にお問い合わせください

小冊子「こう勉強すれば点数が上がる!」
PAGE TOP