ホーム>学増研の特色>6回の体験授業とは

6回の体験授業とは

6回の体験授業とは

6回の体験授業で30点アップするその秘訣とは

学習塾に通い始めてその成果はどのくらいで出せるとお考えですか?
学増研なら「10日から2週間の6回の授業で可能」です。
これまで集団でしか授業を受けたことがない生徒さんにとって、個別指導で授業を受けられると「本当にわかりやすい」と実感して頂けます。

その理由はただ一つ、「1人1人に徹底的に踏み込んで対応する。」からです。

学習成果を確実に出すにはいくつかのポイントがあります。6回の体験授業ではこのポイントをしっかり踏まえた上で、1人1人にきめ細かに指導を致します。

ではこのとても大切な「ポイント」とはなにか?をご紹介いたします。

中間・期末試験(5科目)の結果を分析すること

これまでの学習状況を把握する為には、ここ数回の定期試験の結果をチェックすることが一番良くわかります。

  • 点数
  • 途中式(数学)
  • 単語・熟語の暗記度
  • 書き換え、並べ替え問題の正解度

といったところをチェックします。
また、これまでの自分の答案用紙をどれだけきちんと保存しているかも、学習姿勢をはかるポイントになります(下位生で過去の答案用紙をきちんと取っている人は稀です)。

5科目の答案用紙を持参していただくことにも意味があります。例えば、

  • 漢字の書き取りのでき具合 → 試験勉強を手抜きしないで出来ているか
  • 理科(1分野・2分野)社会のでき具合 → 数学的要素の問題の理解度、暗記科目の努力度

これらを確認させて頂き、生徒さんの苦手を分析し学習スケジュールを作って参ります。

科目を1科目に絞ること

当然ながら2科目、3科目をいっぺんに進めることには無理があります。
どれもこれも力をつけたいという気持ちはわかりますが、中途半端に終わってしまう可能性が高くなります。
一番苦手な1科目に絞ることが成功する秘訣です。

短期に集中して授業をうけること

6回の授業を1~2ヶ月にわたって行うと効果は半減してしまう事になります。できれば2週間以内が理想です。
短期に集中して行うほど、授業の内容が濃くなり、これまでの苦手意識をかなり払拭することが可能になります。

宿題を必ずこなすこと

1回90分の授業では学習量に限りがあります。
やはりある程度の量をこなすことが必要です。
毎回かなりの宿題を課します。そしてこの宿題をこなしてくることが条件になります。

ただし、宿題の出し方にもとても気を配っています。それは生徒が宿題をやらない理由の1つに

・自分でできない問題が宿題に出される

ということがあるからです。

あくまでも自分で解ける問題を出してあげれば、これまで家で勉強をしなかった生徒が自ら進んで勉強をするきっかけ作りをしてあげることにもなります。

ご家庭でも関心を持って頂くこと

体験授業の開始前と終了後に保護者の方との面談を行います。塾任せにせず、お子様の変化の様子を見ていただく、また保護者の方の励ましが必須となります。

以上のポイントを元に、生徒・保護者との面談を行い、担当講師・テキスト・授業スケジュールを決定いたします。
わずか6回の授業ながら、ここまでやるのですかと言われるほど1人1人に細かく対応していきます。
その対応がきめ細かにできればできるほど、見違えるような学習効果を出すことができます。

学増研では「無料体験10日間」とか「無料体験1ヶ月」というような無料授業のオンパレードは行っていません。体験授業は基本的に有料です。理由は個別指導には絶対の自信を持っていること、そして短期間に成績をアップするノウハウを持っているからです。

授業後に勧誘活動は一切行いませんので、わずらわしい勧誘に悩まされることはありません。
ご安心して6回の体験授業をお試し下さい。

お気軽にお問い合わせください

小冊子「こう勉強すれば点数が上がる!」
PAGE TOP