ホーム>学習指導ブログ>小学生の学習法

小学生の学習法

辞書引き学習3-家庭での取り組み2

「深谷式辞書引きガイドブック」より

6.親が調べる姿勢を見せる

7.食事はことばの学びの時間

8.他の事典や図鑑にも応用

9.調べたことばを活用する

10.家庭内図書館をつくろう

辞書引き学習2ー家庭での取り組み1

「深谷式辞書引きガイドブック」より

1.目につくところに辞書を置く

2.カバーははずしておく

3.毎日、5~10分、身近なことばをどんどん引く

4.ふせん作りを工夫する

5.追求型の勉強をする

辞書引き学習1-学習手順

「深谷式辞書引きガイドブック」より

1.ことばを引く

2.ことばの意味を音読

3.「ふせん」をつける

4.通し番号をふろう

5.「用例」を音読する

6.分からなかったことばを引く

7.「ふせん」をどんどん増やす

算数力―5つの必須スキル3

「中学受験、算数の成績が上がらない理由」安浪京子著より

2.知識力…解き方を覚える→知識化

3.思考力…未知の問題にアプローチする力

4.立式力…式は「設計図」

5.作図力…線分図等→サポートが必要

算数力―5つの必須スキル2

「中学受験、算数の成績が上がらない理由」安浪京子著より

1.計算力  ①正確さ  ②速さ  ③スマートさ

・計算のルールを知る

・基礎体力(暗記力、暗算力)をつける

・間違えやすいポイントを知る

・自分のミスパターンを知る

算数力―5つの必須スキル1

「中学受験、算数の成績が上がらない理由」 安浪京子著より

1.計算力

2.知識力

3.思考力

4.立式力

5.作図力

小学生の勉強の仕方その4-国語ーどらえもん国語辞典4ー辞書引き学習

小6のFくん、毎回の授業に必ず「どらえもん国語辞典」を持参しています。

単語を調べるごとに付箋を貼っていきます。

 付箋には連番をうっているので、これまでにいくつの単語を調べたかが分かります。

付箋を見るとまだ100番足らずです。どんどん辞書を引いて、500語、600語と覚えていきましょう。

算数・数学の苦手克服法2

「糸川英夫の入試突破作戦」より 算数・数学の苦手克服法(2)

・算数・数学は手で解け

・「手→神経→筋肉→脳」

・ノートに手を使って書き込む=算数・数学の最も重要な点 「消しゴムは算数・数学の敵」

算数の苦手克服法1

「糸川英夫の入試突破作戦」より 算数の苦手克服法(1)

・学年を下げる (やさしいところから開始)

・ほめる ・やる気を出す

小学生の勉強の仕方その3-国語ーどらえもん国語辞典3ー辞書引き学習

小6のFくん、毎回の授業に必ず「どらえもん国語辞典」を持参しています。

単語を調べるごとに付箋を貼っていきます。

まだ「語い力」アップを感じませんが、億劫がらずに辞書を引くようになりました。

語い力アップには時間がかかります。手元に常に辞書を置いて、すぐに引く習慣をつけることが一番大切です。

これは小学生・中学生・高校生を問わず必要です。

PAGE TOP