ホーム>学習指導ブログ>数学の勉強法

数学の勉強法

数学の勉強の仕方その16-苦手克服のコツ5

≪ 数学ー苦手克服のコツ3 ≫

  2.基礎計算力をつける 教材:級別トレーニング

  小4から中3までの計算問題のみ

・目安は800~1000題

・1年中、計算を繰り返す

・同じ問題を何回も繰り返す

ことで、計算ミスをゼロに近づける

数学の勉強の仕方その15-苦手克服のコツ4

 

≪ 数学 苦手克服のコツ4 ≫ 

3.学校の授業に早く追いつく

・必ず、基礎の修復を行う

・いきなり今の単元←失敗する

   数学は基礎の積み重ね科目

・学校の授業に追いつく→予習ペース

 

 

・学校の授業の後追いは大きく伸ばせない

数学の勉強の仕方その14-苦手克服のコツ3

≪ 数学ー苦手克服のコツ3 ≫

  2.基礎計算力をつける

・目安は800~1000題(級別トレーニング)

・計算力をつけずして苦手克服は不可

・中1正負の数、文字式、1次方程式 →中2式の計算、連立方程式 →中3式の計算、平方根、2次方程式

数学の勉強の仕方その13ー苦手克服のコツ2

≪ 数学ー苦手克服のコツ2 ≫

1.さかのぼり学習→つまずいているところまで戻る

使用教材:級別トレーニング

・平均点以下の人→中1正負の数から復習

・最短距離で進める

・図形、関数も学年をさかのぼる

数学の勉強の仕方その12ー苦手克服のコツ1

≪ 数学ー苦手克服のコツ1 ≫ 

1.さかのぼり学習

  →つまずいているところまで戻る

2.基礎計算力をつける

3.学校の授業に早く追いつく

  →予習ペースで進める = 大きく伸ばすコツ

数学の勉強の仕方その11ー直しの手順

中2のTさん、数学の間違い直しの真っ最中です。

・1回目…自力で直し

2回、3回と続けて間違えた時は本人は間違えた原因に気づいていません。

・講師が間違えた個所を指摘 (理解不足なのか、途中の計算のミスかを判断します。)

 Tさんの場合は 1.左辺を3倍したときに片方しか3倍していなかった 2.移項の際に符号のミスに気付かなかった 1つ、1つ、ステップを踏まずに、途中式を省いていたことが原因でした。

テキストを見ていただくと分かりますが、問題番号の横に必ず、

・○…できた

・…△説明を受けた

・×…間違えた

の記号をふっておきます。

間違えた問題は2回、3回と解き直します。

数学の勉強の仕方その10-ケアレスミスをなくすには

 

計算問題等でケアレスミスの多い生徒は、「注意します。」、と言って簡単にミスを減らせると考えています。

でも、毎回ケアレスミスは減りません。実際にミスをなくすにはいくつかのことをステップを踏む必要があります。 その手順をご紹介します。

数学の勉強の仕方その9-図形問題の解き方

 

数学の「図形問題」が苦手な人には次の共通点があります。

1.書き込みをしない

2.テキストの図に書き込みをする

3.目星をつけないでやたらと書き込みをする

図形問題を得意にするには上記の逆のやり方をしてみましょう。

数学の勉強の仕方その8ーさかのぼり学習

 

数学に悩む生徒は数え切れないほどいます。自分では数学はできないものと思い込んでいる生徒がいます。

でも、数学って、結構簡単です。 自分のつまずいているところまでさかのぼってきちんと学習すれば誰もがスラスラ解けるようになります。

数学の勉強の仕方その7-消しゴムをしまう

計算ミスの多い生徒にはいくつかの共通点があります。その1つは自分の間違いをすぐに消しゴムで消してしまうことです。

自分が何を間違えたのかを確認することをしないのです。これではまた同じミスを繰り返します。

間違えたときに

「どのようなミスをしたのか」

これを確認する習慣をつけましょう。

PAGE TOP