ホーム>学習指導ブログ

学習指導ブログ

不登校対応アドバイザー2-不登校サポート授業

不登校のお子様を対象にした

☆不登校サポート授業

を行っています。

基礎からさかのぼって学習をフォローしますので、学校の授業に出席していなくても安心して勉強ができます。

不登校対応アドバイザー1

「不登校対応アドバイザー」の資格を持った当教室の塾長がご相談に乗ります。

お子さんは「学校に行きたい。」「勉強したい。」 という強い気持ちを持っています。

あわてずに、上手に導いて解決していくお手伝いをさせていただきます。

1学期中間テスト(H28年)成績優秀者2

中2のSさんです。入会以来、いつも真面目にコツコツ勉強を継続しています。

今回の中間テストでは5科目合計は前回の合計を100点以上アップさせました。期末テストも期待しています。

1学期中間テスト(H28年)成績優秀者1

中3のI君です。中学入学以来5科目でこれまでの最高点をとることができました。毎日のように教室に来て、学習時間もこれまでで一番多くこなしていました。学習意欲旺盛で、教室を「自分の勉強部屋」のように使ってもらっています。

5科目合計でコンスタントに450点以上をとる実力をつけました。次回の期末テストも期待しています。

1学期中間テスト結果報告ー点数アップの3つの秘訣

1学期中間テストの結果がほぼ出そろいました。1科目50点以上のアップ、5科目で140点以上のアップを果たした生徒もいます。今週は毎日が点数アップの報告を聞くのが楽しみになっています。

点数アップの秘訣

1.さかのぼり学習

2.自信を持つこと

3.学習時間の確保

この3つの項目がとても大切です。

英語の勉強の仕方その23-ストップウォッチ学習法3

英語の力をつけるのに音読練習は欠かせません。音読のやり方1つでその効果に差が出て­­­きます。また、音読練習をすれば英語が苦手な生徒でも大きく変わることができます­。 音読の効果として下記の4つのメリットをあげることができます。

1.英語アレルギーがなくなる

2.本文を暗記できる

3.教科書準拠の問題がすらすら解ける

4.実際の会話に役立つ

映像の授業では 「1.分析ノートを見て音読 2.教科書本文の和訳を見て暗唱 3.何も見ずに暗唱 4.教科書本文の和訳を見て英作文 そして、 5.何も見ずに英作文」 のうち、4の「教科書本文の和訳を見て英作文」をやっています。ストップウォッチを使っていますが、この作業はそれほど時間を意識しなくても大丈夫です。3までの作業が早くできていれば英作文にそれほど時間はかかりません。

 この後に「何も見ずに英作文」。 ここまでできれば英語は絶対に得意科目にできることを保証­­します。(試験範囲だけでは­なく、できればその学年のレッスン1から積み上げて行­っ­てください。)

英語の勉強の仕方その22-ストップウォッチ学習法2

英語の力をつけるのに音読練習は欠かせません。音読のやり方1つでその効果に差が出て­­きます。また、音読練習をすれば英語が苦手な生徒でも大きく変わることができます。 音読の効果として下記の4つのメリットをあげることができます。

1.英語アレルギーがなくなる

2.本文を暗記できる

3.教科書準拠の問題がすらすら解ける

4.実際の会話に役立つ

映像の授業では 「1.分析ノートを見て音読 2.教科書本文の和訳を見て暗唱 3.何も見ずに暗唱 そして、 4.何も見ずに英作文」 のうち、2の「教科書本文の和訳を見て暗唱」をやっています。

早く読む練習のために例の「ストップウォッチ」を使­っています。「20秒を切るまで。」といった目標を与えて練習をしてもらいます。つたない暗唱では失格です。

英語の勉強の仕方その21-ストップウォッチ学習法1

英語の力をつけるのに音読練習は欠かせません。音読のやり方1つでその効果に差が出て­きます。また、音読練習をすれば英語が苦手な生徒でも大きく変わることができます。

音読の効果として下記の4つのメリットをあげることができます。

1.英語アレルギーがなくなる

2.本文を暗記できる

3.教科書準拠の問題がすらすら解ける

4.実際の会話に役立つ

映像の授業では

「1.分析ノートを見て音読 2.教科書本文の和訳を見て暗唱 3.何も見ずに暗唱 そして、 4.何も見ずに英作文」

のうち、1の音読を行っています。早く読む練習のために例の「ストップウォッチ」を使っています。音読回数を重ねるごとに音読が上手になってくることを生徒本人が自覚します。 そしてこの練習を四六時中繰り返します。教科書の本文を頭に叩き込むイメージです。

英語の勉強の仕方その20-1教科書本文音読」

☆英語の学習の基本は「音読→教科書本文暗記」です。

 英語の学習の基本は「音読」にあり。この言葉を信じて、音読練習を繰り返し行ってみましょう。

教科書本文を覚える手順は下記の通りにやります。

1.教科書本文音読

2.教科書和訳→音読…和訳を見て英文に口頭で直します。

3.教科書英作文

4.1から3を繰り返します。

5.教科書本文暗唱…最後は暗唱をします。

6.教科書本文英作文…何も見ずに本文英作します。

1からの6の手順で教科書本文をマスターします。

英語の勉強の仕方その19ー國弘正雄の英語音読法2テキストの選び方

≪ 音読法ーテキストの選び方 ≫ 「國弘正雄の英語の学び方」より

英語が読める=日本語を介さずに、声に出すのと同時に頭の中で英語をイメージ化できる

< 中高校生の場合 > 中学の英語の教科書がお勧め

國弘流鉄則 「只管朗読」の教材は、意味や構造が解説や授業を通じて「よく分かったもの」が最適である!

PAGE TOP