ホーム>学習指導ブログ>2019年4月

2019年4月

1学期の中間テストは最大のチャンスです!

計算力は練習量に比例して確実に力をつけることができます。
 
1学期の数学の中間テストでは、学年末テストと比較して大幅に点数を上げられるテストです。
 
 
中間テスト前から生徒には
 
「これまでの最高点を狙えるぞー!」
 
とか
 
50点レベルの生徒には
 
「最低80点がノルマだよ。」
 
と励まします。
 
 
これまで数学が苦手でいつもテストの端を折り曲げて、点数を隠していた生徒にさえ、
 
「自信を持って!」
 
「絶対80点だ。取れなかったらペナルティだ」
 
などと言って、励まし、おだて、その気にさせます。
 
そして、その気になった生徒は見事なくらい点数を上げてきます。答案を見ると端を折り曲げたあとがありません。やはり点数が上がれば本当にうれしいのです。点数を隠そうとしたりはしなくなります。
 
 
今までは、なかなかテスト結果を知らせなかった生徒が、点数が大幅に上がった自分の答案が戻ると
 
「電話で報告をしてきたり」
 
「メールで点数報告をする」
 
ようにさえ、なります。指導者冥利につきます。(本当はこちらが点数を早く知りたくてうずうずしているのですが)
 
 
でも、まじめに努力をした生徒にとって30点くらいのアップは決して難しいことではありません。
 
なぜなら1学期の中間テストはどこの中学校も試験問題の大半が計算問題なのです。
 
これは練習しだいで確実に点数を取ることができます。
 
数学が苦手な生徒にとって、1学期の中間テストは
 
 
☆最高の数学の苦手意識払拭のチャンス
 
 
です。
 
このときに生徒に自信を持たせずして、いつ持たせることができるのかというくらいに私は力を入れて中間テストの指導に全力を尽くします。
 
スタートは3月です。学年末テスト終了と同時に、前学年の復習、新しい学年の予習に取り掛かります。早いスタートが最高の力をつけます。
PAGE TOP