ホーム>学習指導ブログ>2019年3月

2019年3月

小学生の勉強の仕方その2-国語...どらえもん国語辞典2

昨年の12月にもご紹介したことのある「どらえもん国語辞典」が再登場です。

調べるたびに付箋を貼る、

☆辞書引き学習

を続けています。

付箋の数はまだそれほど増えていません。

辞典が付箋でパンパンに膨れ上がるようになれば間違いなく国語の力はアップしています。

小学生の勉強の仕方その2-どらえもん国語辞典2

昨年の12月にもご紹介したことのある「どらえもん国語辞典」が再登場です。

調べるたびに付箋を貼る、

☆辞書引き学習

を続けています。

付箋の数はまだそれほど増えていません。

辞典が付箋でパンパンに膨れ上がるようになれば間違いなく国語の力はアップしています。

 

小学生の勉強の仕方その1ー国語...どらえもん国語辞典

小5のYくん。漢字が苦手です。 漢字の練習をしているのを見ると、

「読破」を覚えるのに「破、破、破…」 などと1文字だけ書いて練習をしています。

そして意味を聞くと「分かりません。」と答えていました。

熟語のかたまりで練習をせずに、意味も分からずに練習していました。

そこで今日から国語辞典を持参させました。 持ってきた辞典はかわいい「ドラえもん辞典」です。

そして言葉を調べるたびに付箋を貼る

☆辞書引き学習

を始めました。辞書を数多く引いて国語の力をつけてほしいですね。

成績を上げる勉強の仕方その7-学習ピラミッド

勉強の仕方を効果(定着率)に応じて並べたのが「学習ピラミッド」です。

ピラミッドの上段から、

1.講義を受ける…5%

2.読む…10%

3.視聴する…20%

4.実演してもらう…30%

5.議論する…50%

6.練習する…75%

7.教える…90%

成績を上げる勉強の仕方その6-問題集の使い方

問題集を解くときには答えを直接書き込まずに、問題番号の横に

1.日付

2.「○、×、△」

を書き込みます。どの問題ができて、どの問題が出来ていないかを分かるようにします。

そして、「×、△」の問題を

「ようやく解けるレベル」→「すぐに確実に解けるレベル」

になるまで何回も繰り返しましょう。

成績を上げる勉強の仕方その5-苦手科目の克服

苦手科目を克服するには勉強ができない「悪循環」から脱することです。

それには苦手科目にある程度まとまった時間をかけて勉強することが必要です。

成績を上げる勉強の仕方その4-答案用紙のコピー

中間・期末テスト後に答案用紙のコピーをとって必ず直しを行います。

そしてそのコピーは。生徒ファイルにとじておきます。

この資料はその生徒さんの「成長記録」ともいうべき貴重な資料になります。

成績をあげる勉強の仕方その3-点数の上がり方

入会後の成績アップの割合

①成績が上がる生徒…7割

②成績が変わらない生徒…2割

③成績が下がる生徒…1割

 こんな数字に落ち着きます。

以下、その理由について考えてみました。 試験後に、②と③の生徒の成績が上がらない理由を当然、検討します。

成績が上がらない理由の確認

①答案用紙の分析

②教室での学習量のチェック

③学習姿勢・宿題の提出

④家庭での学習量のチェック

⑤学校での学習態度・提出物

成績を上げる勉強の仕方その2-ノートの使い方

成績を上げるには、まずはしっかりとしたノートを取ることがすべてのスタートになります。

(数学)

・問題番号を書く

・左半分に計算をする 右半分を空ける

・右半分を補助計算スペースにする

・基本的に消しゴムを使わない

・自己流のくせのある数字を直す

・補助計算を大きく書く

・補助計算を残す

・途中式を必ず残す

(英語)

・3冊のノート  ①分析ノート②文法ノート③練習用ノート

・ノート3冊を使い分けることで、頭の整理をする

成績を上げる勉強の仕方その1-1科目で自信をつける

苦手科目の取り組みは

学習量をこなす→できる問題が増える→前を向いて授業を受ける→手を挙げられるようになる

→テストの点数が上がる→成績が上がる→ほめられる→ますますやる気が出る

まずは、1科目を重点的に勉強して自信をつけましょう。

PAGE TOP